TYPE OF LEATHERレザーの種類

  • ヴェジタブルタンニン鞣し
    自然から抽出されるタンニンで鞣す為、革を作るのに長い時間を要します。
    長く、ゆっくり時間をかけて鞣す為、独特な柔らかさと表情が得られます。
    革には一点一点、微妙な個体差が見られ、革には奥行きが感じられます。クロム鞣しとは違い経年変化を革の特徴、味としてお楽 しみいただけます。
  • 混合鞣し
    自然なヴェジタブルタンニンに少しのクロム(全体の分量の 1%~2%程度)を加えて、自然な風合いを最大限に活かしつつ、経年 変化のスピードを抑え、使い始めの雰囲気を、ヴェジタブルタンニン鞣しの革よりも長くお楽しみいただける工夫をしています。
  • COW mineral leather / 栃木で鞣されたヴェジタブルタンニンレザー
    COW mineral leather /
    栃木で鞣されたヴェジタブルタンニンレザー
    革にしっかりと油分を含ませ高温プレスをかけることで表面に光沢感をだした革。もっちりとした弾力、透明感、革を 1~1.2 ㎜の薄さにすることで、強度とともに軽さを求めた革。
  • OIL shrink leather / 兵庫県たつの市で鞣されたヴェジタブルタンニンレザー
    OIL shrink leather /
    兵庫県たつの市で鞣されたヴェジタブルタンニンレザー
    革そのもののシボ感を活かしつつ革にプレスで圧をかけ少し硬めに仕上げている、革に含まれる油分を表面に浮き上がらせることで光沢を出している、少し硬めに仕上げた革は使うこむほどに柔らかくなります。もともとシボ感も所々にあるのも特徴で、革本来の味をお楽しみいただけます。少し傷が目立ちやすいがなじんでくるといい風合いに代わってくる。
  • MAT shrink leather / 兵庫県たつの市で鞣されたヴェジタブルタンニンレザー
    MAT shrink leather /
    兵庫県たつの市で鞣されたヴェジタブルタンニンレザー
    OIL shrink と同じ鞣し。染色工程で最後の高温プレスをせずにマット素材に仕上げました。油分がしっかり中に含まれていますので、使い込むほど艶が出てくるのをお楽しみいただけます。
  • Proof Canvas * MAT shrink leather / 京都で加工されたキャンバス地 ※たつの市で鞣されたヴェジタブルタンニンレザー
    Proof Canvas * MAT shrink leather /
    京都で加工されたキャンバス
    ※たつの市で鞣されたヴェジタブルタンニンレザー
    プルーフキャンバスは、キャンバス地の上から京都友禅の技法を用いて撥水加工をしています。キャンバスに加工をすることによって、綿素材の“あたり”と独特な光沢感とのコントラストがお楽しみいただけます。革は牛革で柔らかくなじみやすいのが特徴です。
  • Cotton * steer leather 岡山県倉敷市で生産されたコットン ※姫路で鞣された混合鞣しレザー
    Cotton * steer leather /
    岡山県倉敷市で生産されたコットン
    ※姫路で鞣された混合鞣しレザー
    コットンは実際にトラックの幌や自衛隊のテントにも使用されている特殊加工で通常よりも強力なパラフィン加工をかけたものです。コットンベースの生地は紫外線にも強く、さらにパラフィンで強力撥水を加えることで日常使いにも使え、使い込むほどに味わい深いものとなります。革とのコンビネーションで鞄全体が引き締まった印象になります。
  • URUSHI steer oil leather / 内地産黒毛和牛に本漆を塗った革 / 兵庫県姫路市で鞣され加工された混合鞣し革
    URUSHI steer oil leather
    内地産黒毛和牛に本漆を塗った革 /
    兵庫県姫路市で鞣され加工された混合鞣し革
    漆革は日本で鞣された内地産黒毛和牛のステアレザーを染色した後にキメの細かいシボを型押しで創出します。細かいシボの凹凸の凸の部分だけに漆が吸着するように繰り返し何回も時間と日数かけて塗る作業を行い乾燥させます。そうすることで、革の表面は漆の独特な光沢を持ち、革の凹の部分は革の柔らかさを保ち、独特な柔らかさと光沢を併せ持った革に仕上がります。
    この技術は古くから武士の甲冑の装飾部、現在では剣道の胴の部分の装飾部に使用されています。 日本の伝統技術を職人が守り、世界に広げる役割をブランドが担うという新しいアプローチと捉え、コレクションに使用しています。
  • glove leather / 兵庫県たつの市で鞣された革 / 混合鞣し
    glove leather /
    兵庫県たつの市で鞣された革 / 混合鞣し
    グローブレザーは実際に野球のグローブに使用される革をベースに、キメ細やかでスポーツ用の革の雑味をとった、しなやかな革に再加工した革です。多くの加工を加えないマット仕上げで、革には弾力があり手触りも良く、使い込むほどに光沢感が得られます。
  • Crocodile leather / 東京で鞣された革
    Crocodile leather /
    東京で鞣された革
    原皮はタイのシャムクロコ(養殖)、南アフリカ、ジンバブエのナイルクロコ(養殖)を使用。鞣し(皮から革にする工程)、染色を日本のタンナーで行っています。
    クロコダイルレザーは革の種類の中でも最も希少性の高いものに分類され、高価な革として流通しています。 クロコダイルレザーの特徴は背側(鱗にトゲ)と腹側(四角形の鱗が均等に並ぶ)に分けられ、特に腹側が衣類、鞄、小物などにラグジュアリーな革として流通し使用されています。
    クロコダイルレザーとして分類されるものにはスモールクロコ(イリエワニ)、シャムクロコ、ナイルクロコ、ラージクロコ(ニ ューギニアワニ)があります。アリゲーターとカイマンはクロコダイルには分類されません。(アリゲーター科になります。)
    クロコダイルレザーは弾力性と強度があり、他の革には出せない独特な雰囲気と、均一に配置されたウロコのバランスがラグジュアリーな雰囲気を演出してくれます。
    鞄は主にバランスがとれたシャムクロコ、ナイルクロコをメインとして用いて、価値の高い腹側のセンターを鞄の中心に配置しダイナミックな鞄を製作しています。

革を作るには長い時間を要します。
長く、ゆっくり時間をかけて鞣す為、独特な柔らかさと表情が得られます。
自然が作り出す美しさをお楽しみいただけます。
独特の素材と存在感をお楽しみいただけます。
使用すると、人の肌と同様、日焼けをします。
使用することで独特な風合いが得られ、より柔らかくなります。